3kkiちゃんの「アラサーになって感じた3つの変化」のポストに触発されて、30代になって変わったことを思い出してみました。30代暦もだいぶ長いので、むしろ変わる前の20代を思い出すことが困難になりつつありますが…。

画像は私の30歳の誕生日にクラウザーさまからいただいた色紙!自慢!家宝です。

1. 焼肉がたくさん食べられなくなって、馴染みの寿司屋がほしくなる。そして飲む前に飲む。

食の好みが変わります。刺しがたくさん入ったお肉を食べると、その後もたれてもたれて…肉から魚へと嗜好が変化しました。それから、なんとなく馴染みの寿司屋がほしくなります。

あとは飲む前に飲まないと次の日の被害がこれまた甚大。ヘパリーゼやウコンの力、ハイチオールCなど。サンフランシスコでは、クレアチンを飲んでいます。効果には色々と説があるようですが、プラシーボ効果でもいいから飲んでおきたくなります。

2. 不倫の話が増えて、年下の彼氏と付き合ってる!が増える

30代未婚の友達の彼氏に既婚者が出てくるようになります。合コンに行っても既婚者がチラホラ。アラサーだと結婚を意識している女性も多いと思うので、既婚男性もアラサー独身女性もお互い地雷は踏みたくないと思うんですが、なぜそうなるのか不思議です。

また5歳以上離れた年下の彼氏の話が出てくるようになります。具体例を思い出してみたんですが、8歳年下の男性と結婚した女友達が多い気がします。3人いた。

3. キャバクラの勧誘を受けなくなる

ふと気づくと渋谷や新宿を歩いてても全く声をかけられていないことに気づきます。あったものが無くなるのは気づきにくいので、もっと前から声をかけられてないのかもしれません。

それ以外にも、英会話とかエステとか、ことごとく勧誘されなくなります。自分はなにも変わっていないつもりなのに!!!今はとても歩きやすいです。

4. 男友達が本当に男友達になる

なんというか、男性の本音が聞けるようになります。恋愛対象として見られなくなったのか、はたまた自分が図々しくなったのか。ある意味色んなぶっちゃけ話をしやすくなるので、楽しくもあります。「男女の友情は存在する!いや、しない!」なんてことで議論していた頃が懐かしい。

5. 人気アイドルの顔が見分けられなくなる

最近は、有村架純と高畑充希が別人なことに衝撃を受けました。特にギャル系の女の子の顔の見分けがつきません。

あとは花を愛でるようになりました。20代の時にお花をもらっても「食べ物じゃないのか」ぐらいに思ってましたが、30を超えてからは、家に花があるのはいいなぁーと思うようになりました。

頑張って色々思い出そうとしたけど、なかなか思い出せない!思えば遠くへ来たもんだー。