貴重品の位置情報を把握できる tile というIoTがあります。クラウドファンディングでなんと$2.6 Million($1=¥100換算でも2.6億円!)を集め話題となったプロダクト。オフィスに1個余ってたので使ってみました。

<参考記事>遺失物発見システムの「Tile」、長い遅れの末出荷を開始

説明動画は以下から。

白い四角の物体がtile。内蔵のBluetoothによりスマホのアプリと連動して、tileがどこにあるか?を把握することができます。お財布や鍵、バッグ、自転車など盗難や紛失が予想されるものと一緒につかう商品です。

私は財布と鍵が一緒になっているタイプの財布で、無くしたら大変!なので、財布に入れてみることにしました。

余談ですが assist on で買ったこの財布、現金を持ち歩かない人ならすっごく便利だと思います!おしゃれではないけど。hmny Leather Card & Keycase

wallet

わざとオフィスにtileを忘れてみた

最後にアプリがtileを感知した場所が表示されます。「財布がない!」と焦った時に確認すれば、あぁオフィスにあるんだなぁということがわかります。シンプルですが確かに安心するかも。

IMG_2562

近くにあるっぽいけど、どこにあるのかわからない場合は、アプリで Find を押せば tile が鳴ります。ピョロロロロ〜♪って。

IMG_2566

パソコンやタブレットを連携しておけば、スマホを無くしてしまった場合もそちらから位置情報を確認できます。

tile コミュニティが一緒に探してくれるらしい

紛失した際に「探すモード」にしておくと、他のtileユーザーのBluetoothの範囲に私のtileが入った場合に通知がくるようです。

IMG_2552

私も「探すモード」にしてみましたが、特に通知はこず…。翌日出社した際に入り口を通ったらスマホに「あなたのtileが近くにあるよ!」という通知が来ました。コミュニティではなく自分で見つけた感じに。。。

このコミュニティ機能がどのぐらい機能しているのかは謎ですが、自転車の盗難など失くなったものが移動しているような場合には有効なのかもしれません。

伝えたいのは意外とデカイよ!ってこと

動画やサイトの写真を見るとそんなに大きく思えないのですが、なんかですね、デカイんですよ。Bluetooth、電池、音がなる仕組みが入ってるのでやむを得ないとは思いますが。この写真で伝わりますかね?キーホルダーにしてはデカイというか。

IMG_2572

毎年買い換える必要がある

1年で電池が切れるけど、電池は交換できないんだそうです。1個25ドル。4個で70ドル。大量に買うと割引があります。アクティベートしなければ電池が減ることはないので、継続してつかうなら一気に買っておいた方がお得かも?

tile buy

スマホも探せるのはよいかも?

tiletophone

スマホからtileが付いている財布のありかを探せるだけでなく、tileを使ってスマホを探すことができます。tileを長押しすると、スマホがなるんです。試しに鳴らしてみたのですが、この長押しがかなり長押し…。

財布を無くした時の喪失感は半端ないので、それが年間$25ほどで軽減されるならアリかもですね。よし!買おう!と思った方はぜひこちらのリンクから。たくさんの人が買ってくれると、私が1個タダで tile がもらえます。

https://t.co/maEQvrkqBe

これ日本に帰る時のお土産にしたら喜ばれるかな?似たサービスあるかな?