いつでもどこでもハーブや野菜を栽培できる屋内家庭菜園IoTがいくつか発売されています。まだプレオーダー受付中のプロダクトが多いのですが、最も安くすぐ届く Click & Grow を頼んでみました。

LEDライト&自動水やり機能で勝手に育つスマートガーデン!

NASAにインスパイアされた技術で、通常よりも早く、栄養価が高い植物が育つのだそうです。殺虫剤や農薬なども使わないため安全な食品とのこと。家で育ててるのだから産地も明確ですしね。

スターターキットは $59.95、3つのバジルポット付

在庫管理&発送はアマゾンに任せているようで、アマゾン経由で届きました。注文して翌々日にはお届け!さすがアマゾン。

smartgarden11

箱からガーデンを取り出し、3つのバジルポットを植えます。植えますといっても空いてる穴にはめ込むだけ。水を注いで、電源コードを差したら終わり。あとは育つのを待つだけ!

1日16時間自動でLEDライトが点灯してくれて、1ヶ月水やりいらず、電気代は年間$3だそうです。

水が足りなくなったらライトが点滅して足りないことを教えてくれます。点滅はかなりイライラするので、水やりを忘れることはなさそう。理科の実験みたいな雰囲気でちょっと嬉しい。

smartgarden14

IoTだと思ってたけどちょっと違った…Orz

このサービス、アプリがあるんです。だからこのSmart Gardenはネットにつながって、日々成長の様子をアプリで確認できると勘違いしてしまったんです。

smartgarden12

このアプリは、ポッドの蓋についているQR Codeを読み込み、現在育てている植物がなんなのかを管理したり、その植物を使ったレシピなどが提案されるという役目のようです。別にいらんわ!

ビジネスモデルはポッド販売

スターターキットはバジルのみでしたが、サイトでは様々な種類のポッドを販売しています。トマトやストロベリーなどのフルーツ、タイムやオレガノなどのハーブ、モスローズや朝顔などのお花も育てることができます。

smartgarden01

でも3個入りで$19.95なんですよね…高い。Smart Gardenの先輩ユーザーの話によると、普通にポッドに種を植えても育つよーとのことなので、いまのバジルが育ったら、まずは種植えを試してみたいと思います。

大きいバージョンのRobot Gardenは$299

大きいバージョンはRobot Gardenという名前のようで、動画を見るとこちらはアプリで操作可能のようです。こういうキッチンの作業台に憧れてたので、なかなか魅力的ではあるのですが、いかんせんポッドが高いんだよなぁ。

このブログを読んで、Click and Grow買おうかなぁなんて思っちゃった方は、こちらのリンクからどうぞー!20%OFFになります。クーポンコードは「4AFRIEND20」です。

他にもプレオーダー受付中の屋内家庭菜園系のIoTには以下のようなものがあります。

Grove 今年9月出荷予定!$3,399

これまた高いですが…。本来の価格は$4500ですが、3月末までのプレオーダーは25%OFFの$3399。物を見ずに買うのには勇気がいる価格ですよね。本棚サイズって言ってますが、いやいやデカイでしょ…。

こちらは最下層に魚の水槽があり、このGroveの中でエコシステムが出来上がっているようです。

Root 今年の初春出荷予定!$299

動画を見るとこれまた結構デカイことがわかります…。観葉植物がわりに置くようなイメージでしょうか。

Niwa Shipping Soon! $279〜

これまたデカイ…。外側が覆われているので、他のプロダクトより温度管理がしっかりされるのでしょうかね。

AeroGarden 発売中!$71.96〜

 

IoTではないようですが、2002年創業の元祖屋内スマート家庭菜園のようです。サイズのバリエーションが豊富ですが、一番小さいサイズがほどよい気がします。

緑が家にあると気持ちがいいので、早く育ってくれるといいなぁ。