株をプレゼントできるサービスSparkgiftを出産祝いに使ってみた。赤ちゃんにダイレクトに送れる面白さ。

baby

Sparkgiftという株や投資信託をプレゼントできるサービスがあります。Yコンビネーター2015年夏のバッヂで、元Google Walletの担当者が作ったサービスです。Scrum Venturesのブログでも、生活密着型Fintech(フィンテック)注目3社として紹介されています。

このサービスのポイントは子どもにプレゼントできること。私はお友達の出産祝いとして使ってみました。おもしろかったのでその体験をまとめてみます。

使い方はいたってシンプル!株&金額を選んで送り先のメールアドレス&電話番号を入力するだけ

Sparkgift01

金額を入力したあとは人気の株から選ぶ、または自身で企業名を入力して購入することもできます。そしてギフトの送り先を入力(下図)。もちろんメッセージを添えることもできます。手数料は$2.95 + 3%。

Sparkgift02

このサービスが気が利いてるな〜の思った点をいくつか。そのまんまなんですけど、使ってみてさらに感じる良さだなぁと思いました。

親にではなく子供にダイレクトにプレゼントすることができる

しばらくは親預かりになるものの、プレゼントの宛先は子供宛になります。「ハッピーバースデー!生まれてきてありがとう!これからよろしくね!」というのを、赤ちゃんに対してメッセージできるのは、送る側にとっても受け取る側にとってもいいエクスペリエンスになると思いました。

夢がある!

男の子だったのでオススメ株の中からテスラ株を送りました。はて、これから上がるか下がるかはわからないものの、テスラのように未来を創っている会社の株って夢がありますよね。

テスラは現在1株200ドルぐらいなのですが、このサービスは20ドルから購入することができるようになっています。子供と共に未来を作る存在である会社の株をプレゼントできるって、自己満足かもしれませんが、いいなぁと思いました。ゼロになっちゃう可能性もあるけど!

ウィッシュリストを作れる

逆に自分の欲しい株リストを作っておねだりすることも可能できます。例えばこんな感じ。私のウィッシュリストは最近オリジナルドラマが好調でぐいぐい伸びているNetflixとAmazon、そしていつか乗りたいTeslaです。

Check out my SparkGift page at
https://www.sparkgift.com/shares/zcn6z1wuv7pn6grr

Sparkgift04

このサービス、残念なことに US Citizen または Permanent Residence にしかプレゼントできないので、日本人のお友達には送ることができないのですが、とてもユニークなアプローチですよね。

ちなみにちょっと調べたところ類似のサービスの Stockpile の方は US Residence で SSN を持っていればOKっぽいので今度試してみたいと思います。