試着姿をケータイに送れる!ユニクロに導入されたメモリーミラーを試してみた。

memomi to phone

#LYVEでも紹介していたメモリーミラー、以前から気になってました。試着姿を録画したり、鏡の中で色違いの服を着替えることなく試したりできる魔法みたいな鏡です。詳しくは#LYVEの動画で↓

サンフランシスコのユニオンスクエア近くのUNIQLOに導入されたという話しを聞きつけ、トライしに行ってきました。メモリーミラーはこんな感じ。ドーン。

IMG_1683

これが鏡というか巨大なモニターで、iPadで操作します。上部についているカメラの映像が鏡のようにメモリーミラーに映し出されます。

IMG_1680

iPadを操作するといきなり録画がはじまるので、急いでクルクルまわってみました。録画した動画はその場でメモリーミラーに映し出してみることもできますし、携帯の番号を入力すれば撮影した動画のリンクがショートメッセージで送られてきます。

Hello! Look at your MomoryMirror tryOn from Uniqlo San Francisco: http://tinyurl.com/jcry85d

送られてくるリンク先はこんな感じ。ソーシャルですぐにシェアできるようになっています。実際の動画はリンク先で確認してください。画質はイマイチ。

memory

思っていたよりも「現実の私」と「鏡の中の私」の時差が激しくて、なかなかうまく撮れなくて何度も何度も撮ってしまいました。通りかかる人が物珍しそうに見てました、鏡の前でクルクル回っている私を…。カメラを経由して、かつ反転するため時間がかかるのでしょうか?

店舗で試着して家でじっくり考えてオンラインで買う。というのは、最近よくある購入動線だと思うのでこのアイディア自体はありだと思いますが、いかんせん時差が激しい。ユーザー体験は改善の余地ありだなぁと思いました。

あと同じくUNIQLOに写真を撮れるコーナーがありました。サンプルが私のアホづらですが以下のような感じ。ユニオンスクエア&ケーブルカー乗り場すぐ近くで観光スポットエリアなので、記念撮影的な意味でしょうかね?撮った後写真はプリントされますが、合わせてメールでも送られてきます。合わせてユニクロのメールマガジンにも登録されます。

uniqlo

これからの服屋さんは服を売る場所&買う場所ではなく、ソーシャルメディアに拡散したくなるような体験を提供する場所になるんだろうなぁと思います。

Warby Parker(ワービーパーカー)についてのブログ「アップルより革新的!家で試着できるメガネ屋さん「Warby Parker(ワービーパーカー)」を試してみた!」でも紹介しましたが、最近は商品を売らない店舗というのもあって、店舗のあり方や購入体験が大きく変わっていると感じるので、またそれは改めて整理してみようと思います。