大好きなバイリンガルニュースというPodcastを聞いていて知った「ボリューミー」が和製英語だという事実!知らずに英語のつもりで使っている和製英語があるかも…と思い調べてみました。例文とともに!

ボリューミー

うわー!このカツ丼ボリューミーだねー。
Oh my! This katsudon is so big!

エキス

うなぎパイはうなぎのエキスが入ってるから元気になるんだよ!
Eel-pie cookie has a lot of eel extracts, which makes you energetic!

ダンボール

ダンボール箱あまってませんか?
Do you have extra cardboard boxes?

チャック

すいません、チャックが開いてますよ!
Excuse me, your zipper is open.

ベビーカー

ベビーカーから目を離さないでね!
Please watch the stroller!

バージョンアップ

このソフト、バージョンアップしておいて!
Please update this software.

パーカー

彼はいつもパーカーばかり着てるね。
He always wears a hoodie.

以下は、単語は存在するけど意味が異なるもの。

クレーム

このサービスはクレームものだな!
I should complain to the service provider!

英語のClaimは、主張する、要求するといった意味。似てはいるものの、日本語の”文句を言う”というニュアンスとは異なる。

バイキング

たくさん食べられるからバイキングがいいなぁ
I would like to go to a all-you-can-eat buffet, so that I can eat a lot.

英語のVikingは、海賊のこと。厳密には「8‐10 世紀にヨーロッパ北部および西部の沿岸を略奪した北欧人」のこと。

ベテラン

あの人に聞けばいいよ!ベテランだから!
You should talk to him since he is an expert.

英語のVeteranは、退役軍人のこと。

ヒップ

彼女はおしりが大きくてセクシーだね。
Her butt is big and sexy.

英語のHipは腰骨のあたりのこと。私たちが言うおしりのあたりは、Buttocks(略してButt)です。

私、結構普段使っている気がします…。合っている単語でも伝わらないのが日常茶飯事なので、そもそも言葉自体が間違っていることに気づかないんですよね。伝わらないから、それっぽい発音で言い直してみたりしてた…はずかしい!